人のお方が訪問されました。    人の方がご覧になってます。
猫に小判 100%

猫に小判

エディックスのDIYや日常の日記等

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

100% 

 最近よくみなさんのルームランプなんか造ってる時に良く思うのですが、物を作る時には責任が出てきます。  例えば私が造ったルームランプから発火し事故が起きたらどうしよう?これは非常に怖い事です。当然そんな事が無いように最大限の努力をして作ってるのですが、やはりもしもの事を考えてしまいます。
 
 世間一般を見てみると事故が起こった時はやはりマスコミが、騒いで責任追及をやってます。最初から「事故を起こしてやろう」と考えてる人なんかはいるはずも無く多くの原因は慣れから来てるのではないかと

 あと強度不足・・・・これは色々な事故に繋がってますが、そもそも自動車の強度計算を過信しすぎているのではないかと言う事です。
 一言で言うと「計算上問題なければ大丈夫」これが強度計算です。製造メーカーの熟練の人達でさえ苦労してるこの計算がはたして100%なのか?・・・100%ではないですよね。通常止まってる車が何も力がかからない状態で壊れる事はありませんが、それも100%ではありません。何故なら海の横に何十年も放置されてる車なら錆で崩壊するからです。
 ちょっと意地悪でしたが、一旦車が走り出せば色々な条件が重なりあっているのです。当然設計する人はコストや強度なんかを考えながら事故が起きないように設計するのですが100%事故が起きないように心がけてるはずです。


 長い前置きでしたが・・・・

今から書く事はフィクションです。けして私が体験した事ではありませんよ・・・

某自動車メーカー設計部長「そもそも100%を狙うのなんてナンセンスなんだよ。」
設計者「でも設計者は100%を目指してるんじゃないですか?その結果が99.99%でも最初は100%を目指すはずですよ」
某自動車メーカー設計部長「そんな事はないよ100%なんて出来る訳ないじゃない。車が走れば事故が起きるもんだよ」
設計者「最初から90%を狙ったら90%の物しか出来ないじゃないですか」
某自動車メーカー設計部長「それが目標なんだからそれでいいじゃない」
設計者「あなたが何と言おうと私は100%を目指しますから、それが私の責任ですから」

この会話どちらも正論です。

でも、こういった方がいる自動車メーカーの車って乗りたいと思いますか?

わたしは100%を目指す設計者を応援したくなるのですが、それは偽善者だからでしょうか?
 
[ 2007/05/20 08:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)
おおお、アクセスの少ない日曜日にあえてこのネタ・・・
日曜日に仕事してる俺に問いかけてるのか?(笑

ここでkobanさんが偽善ってことばをつかってることがイマイチよくわかんないけど、
俺的には最終的な判断はエンドユーザーに委ねられるんでないの?と思います。

俺は某自動車メーカー設計部長と同じ意見ですね。
[ 2007/05/20 09:15 ] [ 編集 ]
僕的にですが、100%なんてマンズ有り得ないような気もしますが・・・・
難しいですね・・・

僕はいつも仕事をする上で、そのときに出来る事を自分の100%の力で手抜きをせずにやれば良いと思っています。

そこで事故が起きたのならそれは不可抗力じゃないのかなと思っています・・・・
[ 2007/05/20 09:40 ] [ 編集 ]
物によりますが(壊れて危険じゃなければどうでもいいですけどね)、目指すなら100%以上を・・・机上計算は想定している事だけの確認ですし、実験も想定している入力だけ・・・。
市場に出ると想定外の事が・・・・。だから100%以上じゃないと。まーー何のパーセント?って事も問題ですが・・・。

更には壊れた時、安全に壊れるか?も重要ですよね。(フェールセーフセーフ)それでも問題がありますので、その時は迅速に対処する事でしょうね。(リコール)

前職である商品のある仕様書の承認をもらいに上司の所に行った時に、中を見る前に今でも心に打たれた一言があります。

「これが付いた車を自分の家族を乗せれるかい?」と一言。

内容云々でなくてまずそこを聞かれてグサ!!っと・・・そうなんですよね、大事な家族を乗せる事が出来るか??今でもその言葉は忘れずに仕事しています。
[ 2007/05/20 11:40 ] [ 編集 ]
現場加工を伴う一品物の場合、施工精度にばらつきがあるので余裕を持った設計しなきゃいけないときがあります。
すべてのものをしっかり監理できればいいのですが、そうでない現実もあります。
考えさせられるびびさんのコメントもありがたく頂いて仕事場に戻ります。
[ 2007/05/21 08:58 ] [ 編集 ]
 偽善者とは立場の弱い方を応援したくなってるからなんですね~。v-394

 例えば90点が合格ラインのテストに100点を目指して望むのか90点が確実に取れる勉強をするのか?といった事に似てますので、この場合どちらも正解だと思います。目的は合格ですから・・・
 私は昔から弱い立場の方を応援する傾向があって、それはいい事じゃないと解ってるのですが、どうしても抜けないんですよね~。
 
[ 2007/05/21 09:02 ] [ 編集 ]
 そうなんです100%なんてありえないんです。でも今の世の中はそれを許してくれないんです。たとえユーザーがどんなに無茶な使い方をしてても1つ不祥事があると徹底的に叩かれるんですよね。
 特にマスコミは酷いもんです。ろくに調べもしないで悪い事ばかり並べて全てがそうであったかのように伝えます。
 
>僕はいつも仕事をする上で、そのときに出来る事を自分の100%の力で手抜きをせずにやれば良いと思っています。

私が応援したくなる設計者はまさにその意気込みがある方で、設計部長はそれを否定してるんです。評価するのはその仕事の成果ですから結果次第なんですが・・・・どうしても手抜きしてもいいよって聞こえちゃうんですよね。
[ 2007/05/21 09:13 ] [ 編集 ]
 前職の上司の方は本当の技術者だったんですね。「これが付いた車を自分の家族を乗せれるかい?」一番きつい一言だと思います。それを教えていただいた部下の方はいい技術者になっていくんでしょうね。

>市場に出ると想定外の事が・・・・。だから100%以上じゃないと。まーー何のパーセント?って事も問題ですが・・・。
 やはりそこが一番心配な所ですよね。設計段階ではお役所の基準で4倍のなんたらとかやってますが、その計算でいくと120%とか150%なんですが、最終的な不具合が0台であってほしいと願う設計者と1・2台はしょうがないじゃないと言う人私には判断できません。v-406
[ 2007/05/21 09:28 ] [ 編集 ]
 加工精度・不良率の問題・・・・これも開発者が考慮してる重要なポイントですね。それも何か基準があって抜き取りなんかでやってるんじゃないですか?
 1000個の中からランダムに100個抜き取って全てOKならそのロットはOKとか・・・ゴルゴ13も同じような事やってましたね。^^;;;

>すべてのものをしっかり監理できればいいのですが、そうでない現実もあります。
 これも100%の問題ですね。1個でも不良があった時に、「1個不良があったから、次からその1個を出さないように努力しよう」と思うのか「1個ならいいじゃない」と思うのか・・・・場合にもよるでしょうが、安全に関わる部分ならどちらがいいのでしょうかね~。
 今回みなさんからコメントいただいて非常に考えさせられました。
[ 2007/05/21 09:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Koban

Author:Koban
エディ乗りの2児のパパです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。