人のお方が訪問されました。    人の方がご覧になってます。
猫に小判 最近DIYネタはかりなので

猫に小判

エディックスのDIYや日常の日記等

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近DIYネタはかりなので 

 私が一番楽に書ける記事はDIYネタです。写真と作業記録だけですからあまり頭を使う必要が無いから当然なのですが・・・・・  たまには違うネタも書いとかないと単なる車バカになってしまいますので、ここいらで一つ私の生い立ちの中での非常に手の折れたエピソードなんぞを書いて見たりします。
 色々書けるネタは持ってるのですが、こういった奴を書くのは疲れるのでたまにしか書けませんが、いつも見てくれてる方へのほんのお礼のつもりです。

 こんな話はいいから何かクレっていっちゃダメですよ。私が作ったステアリングカーボンフィニッシャーより時間かかってますから(爆

 このお話は”イタイ”話なので、見に覚えのある方はこの先ご遠慮ください。








 あれは忘れもしない小学校6年生の冬休み正月の2日でした。その頃ローラースケートが流行っていて、クリスマスプレゼントで姉がローラースケートを買ってもらいました。光ゲンジよりずっと前ですが少なくとも私のまわりでは大流行してました。人が買ってもらった物でもあると滑りたくなのが人情です。

  それは水を得た魚の様に・・・・ちと、違うか??

  おあずけから快方された犬のように・・・・これも違うか

 鬼の居ぬまに(姉は友達と映画)滑りたい一心だったんですね。その頃はマンションの6Fに住んでました。
 正月番組も見飽きて暇だったし「この前も貸してくれたから言わなっくっても大丈夫でしょ」って感じで昼過ぎからローラースケートを履いて家から出たんですね。黙って人の物を借りるもんじゃありません。悲劇はここからスタートするのですが、6Fなので当然エレベーターがあります。しかしボタンを押してもなかなか上がってきません。

 そこで待ちきれない私は階段で無謀にも降りて行ったんです。その当時は無茶な事はやってましたが、不思議と危険回避はできたので調子にのってたんですね。

 5Fから4F・・・・2Fと順調に降りて行ってたのですが最後の1Fに降りる途中でこけてしまったんです。
 痛い体を引きずりながら起きると何とも言えない痛みが左手に・・・・手首の下あたりにもう一つ手首が出来てます。

 内心「これって折れてるよね。・・・・」「すっごい痛いし・・・・」「変な方向に曲がってるし・・・・・」「ドクドク言ってるし・・・・」「パチパチと指パッチンなんて出来ねーよな」「でもこのままならいい変化球投手になれるな」この期におよんでチットも反省しておりません。
それでもローラースケートは脱がずに今度はエレベーターで6Fへ・・・(笑

 自宅に帰って部屋で観察開始です。曲がってるのは相変わらずですが、変な色に変色してます。とりあえずシップをしてみますが、そんなもんで治るはずもなく途方に暮れてました。

 その時家には親父しかいませんでしたので、親父に知られると怒られると思ってました。なんせその当時の親父は怖く怖くて・・・悪い事すると木刀で叩かれるので、こんなに痛いのにこの上木刀で叩かれたら洒落になりません。
 それならまだしも「俺が治しちゃる」とか言ってハンマーで叩かれた日にゃ出てる物まで引っ込んじゃます。

 それでも我慢しきれずに親父の所へ行きました。

「ちょっとこれ見て」

親父「・・・・・・・・」

「まがっとるんやけど・・・・」

親父「・・・・・・・・」


親父「・・・・・・折れとうやーないかー!!」 


 それから正月なので救急病院に行きましたが、痛いのなんのってそりゃー折れてる手を引っ張って元に戻すのですから半端じゃありません。
 それもお爺さんの先生だから中途半端に引っ張ります。まるで拷問のように引っ張ります。これがキッカケでへんな快感に目覚めなくて良かったと思います。
 そんなバッタ物みたいな治療ですから曲がったまま帰宅したのですが、丁度マンションのテナントに整骨院が入っていて、そこの先生がたまたま掃除で着たのに出くわしたのです。
 もうそれは「地獄に仏」「渡りに船」「朱に交わればしゅら、しゅしゅしゅ」俺の手を元に戻してくれーってな感じで、もう一度診察してもらいました。


 
先生「あーーーー折れてるねーーーー



私、内心で「これだけ曲がってるんだから、見たらわかるでしょ」



バキッ(いきなり思いっきり引っ張りました。)



「 ダーーーーーーーーーーー○▲■※~

先生いわく油断してる時が力が入ってなので一番いいのだとか(ほんとかい)でもかなり戻ったので感謝しないといけないですね。でもイタイ・・・・イタ過ぎる治療です。でもこれやらないと曲がったままだったんですよね。


 これが私の手が折れた、非常にイタイお話でした。 ちゃんと最初に注意書き書いてましたからこの手の話に弱い方のクレームは受け付けませんよ。(爆
[ 2007/10/26 09:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(14)
体中、鳥肌(さぶいぼとも言う?)で読みました。
必死で笑いをこらえる私を
みんな、どう思って見てたんでしょう?v-403

ごちそうさまでした。v-410
[ 2007/10/26 12:47 ] [ 編集 ]
こちらも鳥肌って言いますよ。

>必死で笑いをこらえる私を
笑えるポイントってありましたっけ。v-411

 私はこれを含め計2回骨折したのですが、あの時、整骨院の先生に会わなかったらかなり曲がったまま着いていたと思います。
 今でも多少曲がってますが言わなければ判らないくらいですもんね。でもいきなり引っ張られた時は死ぬかと思うくらい痛かったですよ。v-399
[ 2007/10/26 13:01 ] [ 編集 ]
あはは、確かにイタイ話ですね~。
俺は腕は折ったことないですけど、
左手の親指は折ったことあります。
それから左の耳の鼓膜も破れてます。
あとは2歳のときと5歳の時に頭から血を流したことがあります。
そんなもんかな~?
不思議と痛かったという記憶はないですよ~。
[ 2007/10/26 13:21 ] [ 編集 ]
 セミさんは指ですか~私は鎖骨もやりました。これは5歳の時だったので痛かった記憶はありません。あと燃えた石炭が足の甲に落ちたり、鼓膜も破ってますし、頭も縫いました・・・・このくらいにしときます。要は悪がきだったんですね。(爆
[ 2007/10/26 14:00 ] [ 編集 ]
全部読ませて頂きました(笑)

親父さんの的確な判断と、いい医者に診てもらえて良かったですね。

私は今まで、骨折したこと無く、水疱瘡等の子供の時にやっておかなくてはいけない病気もしてないんですよ。

その内、痛い目に遭うでしょうね。
[ 2007/10/26 20:18 ] [ 編集 ]
医療系の番組とか見れないワタシですが、頑張って
読ませてもらいました。。。

よく当時の感情を覚えてましたね。
よっぽど脳裏に焼きついてたんですね。

骨折はしてませんが、ワタシも小6の頃、工作中に
掌をカッターで切って40針縫いました。
いまでもカッターは怖いですね。
[ 2007/10/26 22:07 ] [ 編集 ]
 もうイタイのは・・・v-406
[ 2007/10/27 01:02 ] [ 編集 ]
 冷静に考えればあの場で親父から怒られるはずは無いのですが、その当時は折れたことより怒られるんじゃないかと言った恐怖感が先にきましたね。
 最初の病院からの帰りに「もう曲がったまんまなんだ」と思った恐怖感があったのを記憶してますので、整骨院の先生には感謝してます。
 クリリンさんは健康優良児でしたよね。私はよく怪我しましたね~でも「お多福風邪」はやってないです。

 痛い目にあうのは悪い事したからですから、健康優良児のクリリンさんは大丈夫でしょうv-411
[ 2007/10/27 08:08 ] [ 編集 ]
 でんでんさんもこの系はダメでしたか~私は医療系の番組は良く見ますが、オカルト系はダメです。
 記憶力だけはいいのでかなり覚えてましたが若干尾ひれ足ひれはついております。^^;;;
 それにしても40針とは大怪我ですね。それならカッターは怖いでしょうね。わたしは調理器具のスライサーで指を切った事があるので、それは今でも怖いですね。
[ 2007/10/27 08:14 ] [ 編集 ]
 RRさんはこんなものじゃ無い経験されてるんですよね。私は2回骨折やってますがあの独特の痛みや全く力が入らなくなる感覚は今でも鮮明に覚えています。

もう2度とあんな痛みにはあいたくないですね。
[ 2007/10/27 08:17 ] [ 編集 ]
寒くなりながら読ませていただきました。

小学校のときなのに鮮明に覚えてるって事はよっぽどキツ買ったんでしょうね。

私は運よく骨折はしたこと無いですが、これからもしたくは無いです。(したい人なんているのか?)
[ 2007/10/28 08:10 ] [ 編集 ]
いや~さぶイボ(鳥肌)立てて読ませて頂きました。
さぞめっちゃ痛かったんでしょうね。
自分は幸いに転び方が良かったせいか、生まれて一度も
骨折したことはないんですが、打ち所が悪かったら
この世にいなかったかもっていう事故は数回は…(^^;

あっ、嫁がこの春に足を複雑骨折した直後のことを
思い出して更にぞ~っと血の気が引いてしまいましたぁ~(爆)
[ 2007/10/28 22:05 ] [ 編集 ]
 骨折は独特の痛みで刺すよな痛みじゃなく、底から湧いてくるようなと言った方が正確ですかね。
 記憶力だけはいい方なので、小さい頃の記憶って結構あるんですよね。この他にも色々ありますが、また次回に・・・(爆
[ 2007/10/29 09:37 ] [ 編集 ]
 お忙しいのにコメいただいて恐縮です。私は上半身ばかりなのですが、奥さんの足は相当痛いと思いますよ。夜寝れない時なんか有ったんじゃないですか?

 このこけた時は階段の上の方からだったので、よくこれで済んだと思います。他は擦傷だけだったので頭をうたなくって良かったです。今以上におかしくなってかもしれません。www
[ 2007/10/29 09:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Koban

Author:Koban
エディ乗りの2児のパパです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。