人のお方が訪問されました。    人の方がご覧になってます。
猫に小判 オイルキャッチタンク(再取り付け検討)

猫に小判

エディックスのDIYや日常の日記等

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オイルキャッチタンク(再取り付け検討) 

 びびっとさんのエディックスとの生活K20A ブローバーイ還元装置の記事が詳しく載ってました。私はオイルのキャッチタンクをエディ購入後、間もなくパワーチャンバーと共に取付けたのですが、取り付け位置が根本的に違うことが判明しました。


今となっては懐かしい汚い頃のエンジンルーム
IMG_0980.jpg

 取り付け位置が違うと解ってさっさと取り外してたのですが、正規の位置に取り付けるには向かって左側の方がキャッチタンクへのホースが短くってすみます。
 しかし左側に何か取り付けようとするとスペースが全然ありません。なかば諦めかけてたのですが、先日キャパシターを取り付けた時にタワーバーの取り付けボルトを利用しました。そこで閃いたのがキャッチタンクは左側に取り付けれるなと

 取り付けは出来たとして問題はホースです。耐油・耐熱のホースを探す必要があります。前回の時はSABの店員に聞いて”ホームセンターに売ってる水道ホースで大丈夫”を鵜呑みにしてしまいましたが、今回はそういう訳にはいきません。さてそんなホースはどこに売ってるのでしょうか?

続く・・・・


 P1010072.jpg

[ 2007/04/11 08:00 ] EDIX | TB(0) | CM(8)
そうでしたね、びびさんとこのブログって
そういうネタがたまに上がるんでチェック欠かせないんですよね。
うまく付くといいですね。
[ 2007/04/11 10:29 ] [ 編集 ]
なんか難しそうなことしてますねー
機会があれば、実車(エンジンルーム)見せてください(教えてください)
[ 2007/04/11 15:26 ] [ 編集 ]
 いつまでたってもホースが汚れないので、おかしいなーと思ってたのですが、やっぱりちゃんと調べてからやらないと無意味な事やってしまいますね。
 びびさんの整備手帳みると取り付けても効果は?ですが、せっかくあるので、試してみようかと思ってます。
[ 2007/04/11 17:09 ] [ 編集 ]
 第一回九州オフの時にでも覗いてください。くれぐれも嫁には内緒なので、大きな声で騒いだりしちゃいやよ・・・・^^;;;
 まあ嫁をオフ会に連れて行く気はさらさらないですが・・・v-391
[ 2007/04/11 17:12 ] [ 編集 ]
けっこうオイル溜まるもんなんでしょうかねぇ?
過去のクルマにも着けたことないんですが。。
耐油・耐熱ホースってナフコとかハンズマンのDIYのとこにはないでしょうかねぇ?
[ 2007/04/11 18:18 ] [ 編集 ]
あーーーは書いたが。

正規の場所にちゃんと付けてる車見たこと無いんですよね。

移設後が楽しみです。
[ 2007/04/12 00:20 ] [ 編集 ]
>正規の場所にちゃんと付けてる車見たこと無いんですよね。
でしょうねー^^;;;もし成功すればエディ第一号なのかしら・・・v-402

ホースがあればなんとかなると思います。ホースも最近見つけたので、後は実践あるのみ・・・・しかし効果は?ですね。エンジン保護の為にはいいでしょう。
[ 2007/04/12 09:55 ] [ 編集 ]
 オイルというよりは水蒸気とオイル・ガソリンが混ざった汚い気体ですね。キャッチタンクで冷やしてオイルと水を落としてあげてなるべく綺麗にしてあげるようです。
 レースのレギュレーションで決められるような大容量のやつは主にオイルが路面に飛散しない為に義務化されてるようですね。

ハンズは解らないですがナフコにはありませんでした。TT
[ 2007/04/12 10:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Koban

Author:Koban
エディ乗りの2児のパパです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。