人のお方が訪問されました。    人の方がご覧になってます。
猫に小判 用意周到

猫に小判

エディックスのDIYや日常の日記等

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

用意周到 

 ポチポチばかりやってってなかなか取り付けにかからないオーディオですが、一向に時間がとれる気配がありません。  ここ1ケ月間ポチポチやってますがこれだけ揃えてもまだ足りないものもあるんですね。^^;;;今回はバッフルやスピーカー取り付け部分の制振&吸音に使うものです。

一つ目は「ダイポルギー」という商品です。これは塗るタイプの制振材で内張りなんか凹凸が多い部分なんか制振シートが貼りにくい部分に使ったり、バッフルの塗装に使ったり出来ます。
乾燥後は水を寄せ付けませんので防水処理にも使える優れものです。エーモン工業のMDFバッフルの黒い塗料はこいつです。ついでに言うとN700系にも使われてる制振材です。
 バッフルの塗料に今回使うかどうかはまだ決めてません。とっ言うのもバッフルには漆が最適では無いのかと昔から思ってるんです。しかしまだやった事がありません。バッフルは水を嫌う訳ですから食器や箸にも使われる漆は最適だと思うんですよね。
 漆は基本的には屋外には向きませんがそれは紫外線に弱いからなんです。内張り内なら紫外線も当たりませんし水に強く薬品にも強く剥れにくい漆は最適だと思ってます。でも生漆は施工が難しく乾燥には温度20度前後、湿度80%前後が必須なので専用の乾燥箱を作る必要があります。漆の乾燥は普段使ってるラッカー塗料なんかの溶剤が蒸発して乾燥するのとは根本的に違います。接着剤としても能力の高い漆の強度は100年持つ膠を遥かに凌ぎますので日本の高温多湿の気候に一番合ってる塗料なんですね。まあやるにしてもお手軽な合成漆くらいしか出来ないでしょうけど・・・・・・・

 ちなみに住宅に使われてる鍵・・・・ありますよね。あれも外国製の強固な鍵が流通してますが、多くは日本の高温多湿な気候に合わずに壊れる事がありますので安易な交換は注意しないといけません。
P1030247_R.jpg


二つ目は「レアルシールドデフュージョン」といいます。偉そうな名前が付いてますがスピーカーの背圧処理に使います。昔は鉛貼ってその上にスポンジを貼ったのですが今は専用の奴が出てて水を吸い込まないようになったりで便利になってます。
P1030215_R.jpg P1030217_R.jpg

スピーカーの背圧処理とはスピーカーのコーンが振動した時に前に出る音と同時に後ろ側にも音が出ます。この後ろの音を消してあげないといい音にはなりません。デットニングもその一環なのですが、スピーカーの真後ろはもろに背圧を受けますので念入りに防振&吸音すると考えて間違いありません。
少し乱暴すぎますがコレ書き出すと長くなりますし背圧を上手く使う方法なんかもあったりします。細かく言うと内気循環か外気導入かで音が変わったりもします。そのくらい音の逃げ道が有るか無いかで音は変わります。
[ 2008/04/10 08:30 ] EDIX | TB(0) | CM(10)
マニアックすぎてついて行けませんが^^;;;;

とりあえずエーモンなんですねφ( ̄ ̄ー ̄ ̄)
[ 2008/04/10 09:19 ] [ 編集 ]
漆職人さんでもあったんですね~v-398
読めない漢字がいっぱい…。
[ 2008/04/10 12:21 ] [ 編集 ]
とりあえず
「レアルシールドデフュージョン」
効きそうですね。
私の耳には?ですが、物欲は....。
でも手は出しません。v-395
[ 2008/04/10 15:11 ] [ 編集 ]
ダイポルギー♪
凝り性ですね(爆)

僕も使ったことありますが(^^;)

[ 2008/04/10 15:26 ] [ 編集 ]
 この系のネタはみなさんドン引きするだろうと思って今までやらなかったんです。www

 そうです。とりあえずエーモンですよ。www 

意味深な発言ですが 真意はメールでお願いします。(爆
[ 2008/04/10 16:35 ] [ 編集 ]
 まだ漆職人の経験はないですよ。塗る前に被れたりしてwww 
[ 2008/04/10 16:38 ] [ 編集 ]
 今は色々いい商品出てますからね。昔みたいに苦労しなくて済みそうです。こいつに物欲が湧いたのならかなり重症ですよ。www
[ 2008/04/10 16:41 ] [ 編集 ]
>凝り性ですね(爆)
ははは・・・・・ ^^;;

>僕も使ったことありますが(^^;)
使った事あるなら人の事言えないじゃないですか~(爆 最初制振スプレー吹き付けるか レアルシールドとシンサーレート貼ろうかと考えてたんですが、今はいい商品が出てますね。
[ 2008/04/10 16:49 ] [ 編集 ]
スピーカの後ろの音を消す理屈がなんとなくわかりました。
だからこそデットニングの意味があるんですね。

アンプやスピーカは買えないんで、防振&吸音をもっと
勉強します(^^)
[ 2008/04/10 21:56 ] [ 編集 ]
>だからこそデットニングの意味があるんですね。
分かっていただけましたか?だからやみくもに塞ぐだけでは意味が無いんですね。デットニングと静音化の違いや制振材と防音・吸音・・・ただ貼ればいいで事では無いんです。自己満足ならいいでしょうが、こういった記事にする時に間違った情報を流すと申し訳無いですからね。分かっていただけたなら書いたかいがありました。


[ 2008/04/12 08:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Koban

Author:Koban
エディ乗りの2児のパパです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。